防災リスク管理コース 平成29年度第1回研究発表会を開催 – 東京理科大学 理工学部建築学科

平成29年度『防災リスク管理コース』第1回研究発表会が10月14日(土)に開催されました。
当日は、数学専攻、建築学専攻および土木工学専攻に所属する26名の学生達が、英語による「口頭発表」と「ポスター発表」の2部構成で研究発表を行い、コース所属教員から多くの質疑・アドバイスを受けました。
そのなかでも特に優秀な学生に対し「優秀発表賞」を授与しました。

Disaster Risk Management Course Presentation

The first round of presentations for the Disaster Risk Management Course were held on the October 14. 26 students from the Department of Mathematics, Department of Architecture, and Department of Civil Engineering presented their research in English followed by a poster session. Discussion and advice was recieved from various faculty members. Three students recieved awards for their presentations.

藤本夏樹さん(建築学専攻・大宮研究室)
Natsuki Fujimoto (Architecture)

発表タイトル:Study on Pedestrian Flow Part 13: Examination of Specific Flow with Architectural Factor

image001

image002

神戸寛史君(建築学専攻・永野研究室)
Hirofumi Kambe (Architecture)

発表タイトル:Static Loading Tests on In-plane Shear Behavior of Grid-type System Ceilings and Evaluation of Seismic Responses

image003

image004

柿原結香さん(土木工学専攻・菊池研究室)
Yuka Kakihara (Civil Engineering)

発表タイトル:Mechanical Characteristics of Construction Sludge Mixed with Steelmaking Slag – Development of New Artificial Geomaterial

image005

image006