伊藤研究室 Ito Lab.

都市計画・都市デザイン Urban Planning & Design
研究室紹介

21世紀は都市の時代と言われています。人びとの幸せな生活とサステイナブルな社会の実現のためには、都市がうまく機能していくようデザインされなければなりません。本研究室は、分析を通して都市の性質を捉え、デザインを通して都市のあり方を提案します。対象は、都市圏のような広域スケールから広場のベンチのような身近なスケールまで、インフラ整備や都市建築のようなハード面から都市ブランディング戦略のようなソフト面まで、広範にわたります。そのためにも、まず自分たちが積極的にまちに出て都市の喜びを発見し、都市の可能性を引き出していきたいと考えています。

The 21st Century is the Urban Age. The city must be designed to perform well to achieve a sustainable society where everyone can live happily. Ito lab understands the nature of the city through analysis, and proposes how the city should be through design. We cover a wide area, from working at large metropolitan scales down to benches in squares, from physical infrastructure and architectural elements to intangible outputs such as city branding strategies. To this end, we firstly get out into the city to find the pleasure of the city and extracting it’s potential.

2017年度の研究テーマ

- ニューヨーク市マンハッタン区における創造産業の立地と入居建物の特性
- 親水公園の成立過程に関する研究
- 品揃えを考慮した食料品アクセスに関する研究
- 都市施設の利用及び評価が周辺地域への愛着形成に及ぼす影響
- 市民による低未利用地活用の手法
- 郊外部における自動車利用から他の移動手段への転換可能性


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/ito-lab/



 ito
伊藤 香織 Kaori Ito
教授 Professor

e-mail: kaori(at mark)rs.noda.tus.ac.jp
Personal Home Page: http://www.rs.noda.tus.ac.jp/~kaori/

分野のキーワード

都市計画,都市デザイン,都市解析,空間情報科学
Urban Planning, Urban Design, Urban Analysis, Spatial Information Science

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 伊藤香織・紫牟田伸子(監修): シビックプライド2【国内編】: 都市と市民のかかわりをデザインする Ito, K. ed. et al.: Civic Pride 2 (Japanese Cities Edition): Designing Connections Between People and the City. (In Japanese) シビックプライド研究会(編著)(2015)、宣伝会議.

2) 伊藤香織(取りまとめ担当,編著): まち建築: まちを生かす36のモノづくりコトづくり Ito, K. ed.: Neighbourhood Architecture: 36 Things and Ideas to Revive Neighbourhoods. (In Japanese) 日本建築学会(編)(2014)pp.3-5,12,63,86,120,126-141,149,162-165,彰国社.

3) 伊藤香織・紫牟田伸子(監修): シビックプライド: 都市のコミュニケーションをデザインする Ito, K. ed. et al.: Civic Pride: Designing Communication. (In Japanese) シビックプライド研究会(編著)(2008)、宣伝会議.


Takayanagi
髙栁 誠也
Seiya Takayanagi
助教
Assistant Professor

e-mail: (at mark)rs.tus.ac.jp

分野のキーワード

景観デザイン,都市計画,まちづくり,GIS,人口動態と都市/集落との関係
Landscape Design, Urban Planning, Planning for Local Revitalization, GIS, Relationships between Demographics and Urban/Settlement

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1)高柳誠也:国土数値情報土地利用細分メッシュデータを用いた人口動態と土地利用変化の関係性-メッシュ人口密度・メッシュ人口変化率に着目して-, Takayanagi,S.: Relationship between Population Change and Land Use Change used by Land Use Subdivision Mesh Data - Focusing on Population Density and Rate of Population Change -日本都市計画学会論文集, vol.52, No.3, 459-466, 2017

2)高柳誠也:小規模高齢化集落の密集地域分布および土地利用変化の傾向, Takayanagi,S.: Geographical Distribution of Small and Aging Settlements and Trend Analysis of Land Use Change, CSIS DAYS 2017, 2017

3)高柳誠也:1970年代~2000年代の日本における人口動態に応じた土地利用変化に関する傾向分析と人口減少卓越地域の空間変容, Takayanagi,S.: Trend Analysis of Land Use Change Corresponding to Demographics and Spatial Change of Depopulation Areas in Japan from the 1970s to the 2000s, 博士論文, 東京大学, 2019

井上研究室 Inoue Lab.

建築環境・設備 Building Environmental Engineering
研究室紹介

地球環境・都市環境の枠の中で、エネルギー資源をいかに効率的に活用し快適な空間・環境を創るかという研究を進めています。対象は、住宅の一室から超高層ビルなど建築全体、さらに都市や地球環境のスケールまでに 及び、実験・数値シミュレーション・調査の各 手法を駆使して、研究を進めています。具体的には、省エネルギーと快適性の両立を図る先進的窓システム、建築・住宅の環境負荷削減に関するテーマなどがあります。2015年度は、修士2年6名修士1年8名学部4年12名の計26名が所属していました。空気調和・衛生工学会会長のお務めも2年目。 研究する時も、遊ぶ時も、バイタリティにあふ れ、たくさんの刺激のもとで活動しています。

Inoue Lab carries out research within the frameworks of global and urban environments on the efficient application of energy resources to create comfortable living spaces and environments. We cover all scales of architecture from a single room to super-high-rise buildings, as well as city and global scales, utilising experiments, numerical simulations and investigations to make full use of each approach to advance our research. As examples, we focused on research relating to advanced window systems that balance low-energy needs and comfort as well as research on reducing environmental loads in buildings.In 2015 Inoue Lab was made up of 26 students (6 Masters 2nd year students, 8 1st year students and 12 4th year undergraduate students). It was also Prof. Inoue’s second year as president of The Society of Heating, Air-Conditioning and Sanitary Engineers of Japan.Whatever we are doing, whether studying or playing, we always do it with vitality and passion.

2017年度の研究テーマ

- 建築外皮性能の向上による省エネルギーと快適性の両立
- 先進的ガラス・ブラインド仕様による熱と光のコントロール
- 先進的オフィスビルの空調システム運用実態
- ゼロエネルギーハウス実現に向けた太陽熱利用暖房・給湯システム
- 住宅におけるエネルギー消費と住まい方
- パッシブデザイン集合住宅の性能評価


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/inoue-lab/



 inoue01
井上 隆 Takashi Inoue
教授 Professor

e-mail: inoue-m1(at mark)rs.noda.tus.ac.jp (研究室宛)

分野のキーワード

建築環境工学、省エネルギー、温熱・光環境、高性能窓、日射遮蔽、昼光利用、断熱、エネルギー消費実態、空調システム、ZEB・ZEH
Architectural environmental engineering, Energy conservation, Thermal/Light environment, Advanced window system, Solar shading, Daylighting, Thermal insulation, Energy consumption, Air-conditioning system, ZEB・ZEH

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) Inoue, T.: Advanced Technologies for Appropriate Control of Heat and Light at Windows, Energy Procedia (Elsevier), Volume 96, P33 – 41 (2016).

2) 細井、井上、高瀬他: 集合住宅の電力・ガス・水道消費量データを用いた用途別エネルギー消費量分析首都圏の住宅を対象とした電力・ガス・用途推計と実態把握(その1) Inoue, T., Takase, K. et al.: Analysis of Energy Consumption in Each use by Electricity, Gas and Water Consumption in Apartment Housings: Study on estimation method of consumption of gas and electricity in each usage and grasp of actual usage in houses in metropolitan area (Part1). (In Japanese, abstract in English)
日本建築学会環境系論文集81巻730号1155 - 1162頁 (2016).

3) Inoue, T. et al.: Innovative technologies for building envelopes of zero-energy buildings, WECC2015, World Engineering Conference and Convention (2015).

現在の研究・プロジェクト Current Research/Projects

- 建築外皮性能の向上による省エネルギーと快適性の両立
- 先進的技術による窓における熱と光の制御
- パッシブ住宅(集合・戸建)の環境・エネルギー消費実態把握
- Improvement of Building Envelope Performance to Balance Comfort and Low-Energy Consumption.
- Control of Heat and Light Through Advanced Window Systems
- Passive Residential (both Apartments and Houses) Environments: Investigations of Actual Energy Consumption.

代表作品 Selected Works
inoue02

超高層オフィスビルに採用の高性能窓システム
Advanced Window System in Super-High-Rise Office Building

inoue03

環境白書に掲載の研究成果
Research Results featured in White Paper

inoue04

高性能窓の性能比較実験
Experiment Comparing Advanced Window Characteristics


 inoue05
高瀬 幸造 Kozo Takase
助教 Assistant Professor

e-mail: takase(at mark)rs.tus.ac.jp

分野のキーワード

サステナブルデザイン、建築環境工学、省エネルギー、数値流体解析、外皮熱性能、昼光利用、太陽エネルギー、空調、給湯、シミュレーション
Sustainable design, Architectural environment engineering, Energy saving, Computational fluid dynamics (CFD), Thermal performance of envelopes, Daylighting, Solar energy, Air conditioning, Hot water, Simulation

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 細井、井上、高瀬他: 集合住宅の電力・ガス・水道消費量データを用いた用途別エネルギー消費量分析首都圏の住宅を対象とした電力・ガス・用途推計と実態把握(その1) Inoue, T., Takase, K. et al.: Analysis of Energy Consumption in Each use by Electricity, Gas and Water Consumption in Apartment Housings: Study on estimation method of consumption of gas and electricity in each usage and grasp of actual usage in houses in metropolitan area (Part1). (In Japanese, abstract in English) 日本建築学会環境系論文集81巻730号1155 - 1162頁 (2016).

2) 高瀬・中川・桑沢ほか: LCCM 住宅デモンストレーション棟における居住実験結果 The Result of Experimental Residence in LCCM Demonstration House. (In Japanese, abstract in English) 日本建築学会技術報告集, 第19巻42号, pp.661-664, 2013年6月

3) 高瀬・前・赤嶺ほか: 実在住宅における温水ヒートポンプ熱源を利用した潜熱蓄熱式床暖房システムの効果的な運転に関する研究 その1:システムの概要と実測による評価 Takase, K. et al.: Study on the Effective Use of Floor Heating System, Using Heat Pumps and PCM in Houses - Part 1: Summary of the system and evaluation by survey. (In Japanese, abstract in English) 日本建築学会環境系論文集, 第77巻673号, pp.175-184, 2012年3月

現在の研究・プロジェクト Current Research/Projects

- パッシブデザインを採用した建築の計画・評価
- 熱負荷および昼光利用の観点からの建築外皮性能評価
- 建築における省エネルギー
- Planning and Evaluation of Buildings Utilizing Passive Design
- Evaluation of Building Envelop Focusing on Thermal Load and Daylighting
- Energy Saving in Buildings

代表作品 Selected Works
inoue06

1) Diagonal Boxes(2016年竣工, 設計:川島範久+佐藤桂火+高瀬幸造+平岩良之, 第7回サステナブル住宅賞 国土交通大臣賞等を受賞)(Photo by Yutaka Suzuki)
http://www.ibec.or.jp/sustainable/housing/7th/files/01.pdf

inoue07

2) HOUSE BB(2009年竣工, 設計:川島範久+田中渉+平岩良之+高瀬幸造, 第4回サステナブル住宅賞 (財)建築環境・省エネルギー機構理事長賞等を受賞)(Photo by Yutaka Suzuki) http://www.ibec.or.jp/hyosyou/housing/4th/04.html

inoue08

3) LCCM住宅デモンストレーション棟(2011年竣工, 設計:小泉アトリエ+ライフサイクルカーボンマイナス住宅研究・開発委員会において、通風計画・シミュレーション・実証評価を担当)
http://www.kenken.go.jp/japanese/contents/lccm/gallery.html

岩岡研究室 Iwaoka Lab.

建築計画, 建築意匠 Architectural Planning and Design
研究室紹介

すべての建物は「寸法」によってその形や空間が決定されています。建物や空間の寸法(サイズ)は、人びとの思考や行動に対してさまざまな影響を与えています。私の研究室では、特に建物のスケール(大きさ)やモジュール(単位空間)に関する調査をベースとして、建築物、外部空間、街並、集落、都市空間などにみられるデザインの解読を試みています。そうした調査研究と並行して、住宅を中心とした実際の設計活動を展開し、新しい建築空間の創造に挑戦しています。

The shape and space of all buildings is determined by size. The size of buildings and spaces are influenced in various ways by the thoughts and movements of people. Iwaoka Lab uses investigations on the size and modularity of buildings as a base to try to decipher the design of buildings, outdoor spaces, streets, communities and urban spaces.

Concurrent with this research, we attempt to create new architectural spaces through the development of actual, largely residential, design work.

2017年度の研究テーマ

- 住宅建築に関する研究および設計
- 建築のスケールとジオメトリーに関する研究
- 斜面地に建つ建築物の集合形態に関する調査研究
- 木質系建築物の部材および構法に関する研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/iwaoka-lab/



iwaoka01
岩岡 竜夫 Tatsuo Iwaoka
教授 Professor

e-mail: iwaoka(at mark)rs.noda.tus.ac.jp
Personal Home Page: http://www.nogizakahouse.com/

分野のキーワード

建築意匠、建築設計、幾何学、スケール、寸法、構築性、現代建築、現代住宅
Architectural Design, Architectural Project, Geometry, Scale, Module, Tectonic, Contemporary Architecture, Contemporary Houses

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 図・建築表現の手法(東海大学出版部、1999年、共著) Architecture in Drawings, Tokai University Press, 1999

2) 図3・建築の図形表現(東海大学出版部、2001年、共著) Architecture in Geometry, Tokai University Press, 2001

3) 街角のちいさいおうち(東海大学出版部、2004年、共著) The Little House in Tokyo, Tokai University Press, 2004

4) 建築構成学(実教出版、2012年3月、共著) Studies of Architectural Composition, Jikkyo Shuppan, 2013

代表作品 Selected Works
iwaoka02

アビタ戸祭(戸建集合住宅、2000年、共同設計) Habitat Tomatsuri, Housing project in Utsunomiya, 2000

iwaoka03

台形面の家(戸建住宅、2003年) Trapezoid House, House project in Oiso, 2003

iwaoka04

乃木坂ハウス(アトリエ付き戸建住宅、2011年、共同設計) Nogizaka House, House+Atelier project in Tokyo, 2011

iwaoka05

福浦ハウス(戸建住宅の改修、2013年) Fukuura House, House Renovation project in Yugawara, 2013

現在の研究・プロジェクト Current Research/Projects

- 建築の幾何学性とスケールに関する研究
- 斜面地集落の空間構成に関する調査研究
- CLTを用いた建築物の可能性に関する研究
- 組立解体式木造住宅に関する研究
- 近現代建築の意匠に関する調査研究

- Study on the Relation between Geometry and Scale in Architecture
- Study on the Space Composition in Slope Land Village
- Research for the Building by CLT Material
- Research for the Wooden Dismountable House
- Study on the Design of Modern and Contemporary Architecture


katagiri
片桐 悠自 Yuji Katagiri
助教 Assistant Professor

e-mail: katagiri(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

建築意匠、建築論、建築計画、アルド・ロッシ、テンデンツァ運動、戦後の建築運動、形態分析、ドローイング
Architectural Design, Architectural Theory, Architectural Planning, Aldo Rossi, La Tendenza、Architectural Movement after WWII, Formal Analysis, Drawing

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 片桐悠自: カルロ・アイモニーノの技術観と建築作品への展開 Katagiri, Y.: A Study of the Technological View and Application to Architecture of Carlo Aymonino. 日本建築学会計画系論文集81(724), 1403-1409, 2016

2)片桐悠自: テンデンツァ運動におけるイデオロギーとしての類型概念 Katagiri, Y.: A Study on the Type as Ideology of the Tendenza Movement: Ideologies and design theories of Giorgio Grassi and Aldo Rossi. 日本建築学会計画系論文集 81(726), 1791-1797, 2016-08

3) 片桐悠自: アルド・ロッシおよびテンデンツァ運動における理論と表象の研究 Katagiri, Y.: A Study of Architectural Theory and Representation on Aldo Rossi and Tendenza 博士論文, 東京大学, 2017

大宮研究室 Ohmiya Lab.

建築防災・安全 Building Disaster Prevention and Safety
研究室紹介

建築形態の変化や社会的ニーズに対応するため、建築空間が肥大化、複雑化すると共に、建物に使用される材料も変化しています。これにより、これまで想定されなかった火災が起こりうる可能性が懸念され、実態解明が急務とされています。 その一例として近年、地球温暖化抑制や地域経済の活性化などの観点から、都市の不燃化を推し進めてきた1950年代とは打って変わり、建築物への木材の積極的利用が期待されています。大宮研究室では、スプリンクラー設備などの散水設備や木材の難燃化などの手法に着目し、木材の積極的利用に資する研究も精力的に行ない建築物の性能的火災安全設計法の充実を図っています。

Processes of spatial hypertrophy and complexity, in response to changes in architectural form and the needs of society has also changed the materials we use in architecture. This has led to concerns about the possibility of unexpected kinds of fires and with it created an urgent need to understand the actual realities of the present situation. As an example, from the point of view of global warming restrictions and global economic revitalisation, the push for urban fireproofing has changed completely from the 1950s and there is an expectation for the active use of timber in construction. Ohmiya Lab, through methods such as timber fireproofing and sprinkler systems, aims to carry out research to contribute to the active use of timber to create effective building fire safety design methods.

2017年度の研究テーマ

- 散水設備による延焼防止に関する研究
- 都市火災に関する研究
- バルコニー等を考慮した開口噴出熱気流に関する研究
- 耐火被覆に損傷を有する鋼構造架構の耐火性能に関する研究
- 煙流動性状に関する研究
- 消防隊の安全に関する研究
- 避難行動特性に関する研究
- 散水による火災抑制効果の定量化に関する研究
- 木質耐火部材の開発促進に関する研究
- アンボンドPC圧着接合によるプレキャスト柱のせん断挙動に関する研究
- アンボンド・プレキャストプレストレスト圧着柱の曲げ耐力及び復元力特性評価に関する研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/ohmiya-lab/



 Ohmiya01
大宮 喜文 Yoshifumi Ohmiya
教授 Professor

e-mail: ohmiya(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

防災計画、避難安全、建築防火、都市防火、防災設備、群集流動、煙制御、構造耐火、延焼拡大、性能設計
Disaster Prevention Planning, Evacuation Safety, Building Fire Safety, Urban Fire Safety, Disaster-Proof Facilities, Crowd Flow, Smoke Control, Structural Fireproofing, Fire Spread, Design for Performance

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 大宮喜文、平山貴至、山口純一、申易澈: 庇面下の拡散を考慮した開口噴流プルーム流量算定式 Ohmiya, Y. et al.: A Flow Rate Calculation Formula of Opening Jet Plume Considering Diffusional Flow Under Horizontal Soffit. (In Japanese, abstract in English) Vol.81、No.721、pp.263~271、日本建築学会環境系論文集、2016.3

2) 大宮喜文、申易澈、野秋政希、姜昇具: 横長開口から噴出する熱気流の鉛直壁面近傍温度分布 Ohmiya, Y. et al.: Temperature in the Vicinity of Vertical Wall Opening Fire Plume Ejected from Horizontal Opening. (In Japanese, astract in English)
Vol.81、No.730、pp.1055~1063、日本建築学会環境系論文集、2016.12

3) 大宮喜文: 内外装の火災安全性能(材料施工、第2部 時代をかたちづくった学術・技術・芸術、<特集>学会の過去と未来 : 創立130周年記念特集号)
Vol.131(1683) 、pp24~25、建築雑誌、2016.4


垣野研究室 Kakino Lab.

建築計画・建築設計 Architectural Planning & Design
研究室紹介
2017年度の研究テーマ

- 日本の学校建築研究 -境界と領域-
- 児童の活動様態からみた小規模学校における学習空間の特性 -フィンランドと日本の事例を対象として-
- 震災時における小公園の活用方法に関する研究 -都内の震災復興 52 小公園を対象として-
- 子育て賃貸集合住宅 -賃貸集住の付加価値としての子育て環境-
- 都市のゲストハウス研究 -東京と台北のケーススタディ-
- フィンランドのサウナ建築 -銭湯との比較を通した都市の居場所空間-


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/kakino-lab/



 kakino01
垣野 義典 Yoshinori Kakino
准教授 Associate Professor

e-mail: y-kakino(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

学校建築、住居計画、環境行動、避難所運営、北欧建築、オランダ建築、居方、フリースクール、外国人の環境
Education Architecture, Residential Planning, Environmental Behavior, Management of Evacuation Shelters, Scandinavian Architecture, Dutch Architecture, Placemaking, Free Schools, Environments for Foreigners

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1)垣野義典:児童・生徒の学習様態からみたワークユニットの空間特性-スウェーデンのワークユニット型学校建築を事例として- Kakino, Y.: A Study on the Characteristics of a Work-Unit Type as Spaces for Individual Learning of Pupils and Students Spaces for Individual Learning of Pupils and Students - A Case Study on a Work-Unit Type of School Buildings in Sweden. (In Japanese, abstract in English)
日本建築学会計画系論文集、NO.661、pp.541-550、2011年3月

2) 垣野義典:子どもの居方からみたフリースクールの空間特性 -フリースクールの建築計画に関する研究 (5)- Kakino, Y.: A Study on the Characteristics of Spaces From the Viewpoint of Way of Children’s Placing - A Study on Architectural Planning of ‘Free Schools’ Part 5. (In Japanese, abstract in English)
日本建築学会計画系論文集、NO.656、pp.2297-2305、2010年10月

3) 垣野義典:フリースクール型中学校の計画・設計プロセスの検証と計画要件 Kakino, Y.: A Proposal of Planning Through the Verification of the Process of Designing a ‘Free School’ Type of Junior High Schools - A Case Study of Tokyo Shure Katsushika Junior High School. (In Japanese, abstract in English)
日本建築学会技術報告集、第34号、pp.1111-1116、2010年10月

兼松研究室 Kanematsu Lab.

建築構造・材料 Building Construction and Materials
研究室紹介

日本の高度成長の原動力となった建物は、現在その多くが維持更新の時期を迎えつつあり、いかにそれらをメンテナンスし耐久性を高め、かつ環境に配慮しながら維持再生していくかが大きな課題となっています。兼松研究室では建築物の耐久性評価技術や、その維持管理技術の開発に加え、21世紀の大きなテーマである建築物の環境側面に関する問題について、建築材料学的視点から研究しています。とくに、2014年度から新たにBae助教が加わり、最先端のセメント化学研究をスタートするとともに、中性子を用いた火災下におけるコンクリート爆裂現象の解明実験や、軍艦島や国立競技場といった近現代RC造建築物の耐久性調査などの研究などを実施しました。ナノスケールの最先端の材料科学研究から実構造物調査まで、マルチスケールの研究にチャレンジすることで幅広い視点を養います。

The buildings that drove Japan’s high growth are now increasingly requiring maintenance and renovation. How we maintain and improve durability, while also considering the environment is becoming a major issue. Kanematsu Lab takes a materials science approach, developing techniques to evaluate durability, including maintenance management, to address building and environmental problems facing us in the 21st Century. In particular, since Assistant Professor Bae’s arrival in 2014, we have started research into advanced cement chemistry as well as rupture of concrete under stress from fire using neutrons and the durability of contemporary reinforced concrete structures in Gunkanjima and the National Stadium. From the latest nano-scale materials science to actual structural investigations we carry out multi-scale research.

2017年度の研究テーマ

- RC造建築物の維持保全・補修改修・耐久設計に関する研究
- 中性子利用技術の鉄筋コンクリート造への応用研究
- 新規建築材料技術の開発に関する研究
- 各種建築材料の性能評価に関する研究
- 環境配慮型材料技術に関する研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/kanematsu-lab/



 kanematsu01
兼松 学 Manabu Kanematsu
教授 Professor

e-mail: manabu(at mark)rs.noda.tus.ac.jp


 kanematsu02
西尾 悠平 Yuhei Nishio
助教 Assistant Professor

e-mail: y.nishio(at mark)rs.tus.ac.jp

分野のキーワード

有機系材料、コンクリート、防火、耐火、耐久性
Organic Materials, Concrete, Fire Prevention, Fireproofing, Durability

TOPICS

現在の研究・プロジェクト Current Research/Projects

- 建築ファサードの燃え拡がりに関する研究
- 難燃処理木材の耐久性及び防火性能に関する研究
- 既存コンクリート構造物の耐久性に関する研究
- スポンジシティ建設に向けた再生マテリアルを含むコンクリートの多様な利用技術の開発とその実践

- Research on fire spread on architectural facades.
- Research on the degree of fire resistance and durability of fireproofed timber.
- Research on the durability of existing concrete structures.
- Development of multiple-use technologies for concrete using recycled materials for sponge city construction.

衣笠研究室 Kinugasa Lab.

建築構造・材料 Building Construction & Materials
研究室紹介

首都圏直下型地震による莫大な経済損失の発生とそれにより引き起こされる深刻な環境破壊が懸念されています。建築物の耐震性能を、耐震工学だけでなく経済学の面から適切に評価し、必要な性能を確実に確保できる設計法の開発が求められています。本研究室では、「大地震」「都市機能維持」「建築物の修復性評価」「経済性」「性能間のトレードオフ関係」をキーワードに、
1)大都市東京はどの程度の地震まで耐えられるのか?
2)地震に強い都市はどうすれば実現できるか?
という2つの課題を掲げ、耐震工学および経済学の両面から、都市経済を支える建築物の設計法について研究を行っています。

There is an anxiety about the serious environmental destruction and resulting enormous economic loss that would be caused by an earthquake centred on a metropolitan area. We are looking to develop design methods that ensure reliable required performance drawing not only from not only the durability of buildings and earthquake engineering but also from an economic perspective. Based on the keywords “major earthquake”, “urban function sustainability”, “assessment of building repairability”, “economy”, and “performance trade-offs”, Kinugasa lab asks:
- What level of earthquake can Tokyo tolerate?
- What can we do to strengthen a city against earthquakes?
We address these issues from both earthquake engineering and economic perspectives in our research on design methods to support urban economies.

2017年度の研究テーマ

- 建物の強度剛性・崩壊機構・用途等が耐損傷性能に及ぼす影響
- 熊本地震において被災したコンクリート系共同住宅の被害要因分析と修復性能評価
- 制震機構を有する浮き上がり壁の実験によるシステム検証
- 既存壁式構造建物の空間拡大に資する構造技術に関する実験的研究
- 超高強度繊維補強コンクリート(UFC)を用いた鉄筋コンクリート造袖壁付き柱の損傷軽減を兼ねる耐震補強工法の開発
- 建物価値および地震時価値低下の評価法研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/kinugasa-lab/



kinugasa01
衣笠 秀行 Hideyuki Kinugasa
教授 Professor

e-mail: kinu(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

耐震設計、構造工学、RC構造、都市耐震、経済性、地震後機能継続性
Seismic Design, Structural Engineering, Reinforced Concrete Structures, Urban Seismic Performance, Economics, Post-seismic Functional Maintenance

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) Kinugasa, H., Mukai, T. : Damage Index For Performance Evaluation of Functional Maintenance after Earthquakes, Proceedings of the 16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.676, 2017.01

2)衣笠秀行・豊田陽平・向井智久・田沼毅彦:東北地方太平洋沖地震により非耐力壁が損傷したSRC造建物の損傷評価 Kinugasa, H. et al.: Damage Evaluation of SRC Building with Non-structural Wall Damaged in The 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake : Part1. Outline of Damage and Push-Over Analysis. (In Japanese) コンクリート工学年次論文集,Vol.37,No.2,pp.343-348, 2015年7月

3) 衣笠秀行・泉洪介・向井 智久・大西 直毅:修復性評価指標・総修復時間・修復費用係数を用いたRC造建物の修復難易度評価 Reparability Evaluation of RC Buildings from the Viewpoint of Repair Cost and Repair Time. (In Japanese) コンクリート工学年次論文集,Vol.35,No.2,pp.877-882, 2013年7月

4) 衣笠秀行・向井智久・森田高市・田尻清太郎・福山洋・塩原等:修復費用の工学的増加要因に基づく修復性評価指標の提案 Kinugasa, H. et al.: Proposal of Index For Repairable Evaluation of Buildings Based on Engineering Factors in Repair Cost Increase. (In Japanese, abstract in English) 日本建築学会技術報告集、第17 巻 第36 号,531-536,2011年6月


kitamura02
松田 頼征 Yoriyuki Matsuda
助教 Assistant Professor

e-mail: matsuda_y(at mark)rs.tus.ac.jp

分野のキーワード

建築構造、耐震工学、鋼構造、制振構造、合成梁、接合部

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) Matsuda, Y., Kasai, K. et al.: Fundamental Study Using New Test Loading Scheme for Steel Frame Subassembly with Damper Connection Details 16th World Conference on Earthquake, 2017

2) 松田頼征、笠井和彦、酒井新吉、元結正次郎:複曲率曲げを受ける合成梁の挙動に関する基礎的研究 Matsuda, Y. et al.: Basic Study on Behavior of Composite Beam Subjected to Double Curvature Bending. (In Japanese, abstract in English) 日本建築学会構造系論文集,日本建築学会、第722号,pp.791-801、2016年4月

3) Y. Matsuda, K. Kasai: Evaluation of the Composite Beam Stress Subjected to Bending and Axial Force. 10th International Conference on Urban Earthquake Engineering, 2013

永野研究室 Nagano Lab.

地震⼯学・構造⼒学 Earthquake Engineering and Structural Engneering
研究室紹介

永野研究室では、震源断層での地震波発生から、大きく揺れる建物の中の人の体感までを総合的に調査し、地震に屈しない未来を目指し日々研究に励んでいます。超高層マンションの地震被害に関する研究では、建物の耐震性能評価から3.11地震時の室内被害、居住者の揺れの体感に至るまで、多角的な震災対策の構築を目指しています。木質建物の耐震性に関する研究では、実験と解析の両面から様々な検討を行い、次世代を担う制振装置の開発に取り組んでいます。理論計算による想定地震時における大都市部の揺れの推定や、地震時の液状化地盤における杭基礎の耐震性に関する研究、被災地における被害調査等も精力的に行っており、将来の大地震に備え被害低減のための研究を続けています。

Nagano Lab aims for a future undaunted by earthquakes by focusing on research that carries out comprehensive investigations ranging from seismic waves occurring from earthquake source faults to the physical effects felt by people inside large shaking buildings. Our research on seismic damage caused in high-rise residential buildings, ranging from the evaluation of earthquake-proofing performance leading to interior damage and physical effects felt by residents in the Great East Japan Earthquake, aims to develop buildings that counter disasters multi-faceted ways. Our research on the earthquake-resistance of timber construction involves various studies utilising both experiments and analysis is working towards the development of next generation damping devices. We are continuing our research on damage mitigation and preparedness for major earthquakes in the future through theoretical calculation estimating the vibration caused by earthquakes in metropolitan areas, research on the earthquake-resistance of pile foundations in ground subjected to liquefaction and the investigation of damage in disaster areas.

2017年度の研究テーマ

- 理論計算に基づく地震動予測と長周期地震動の発生メカニズムに関する研究
- 2016年熊本地震時の震源近傍における大振幅パルス波生成の成因解明
- 国内に建つ超高層マンションの耐震性能評価と室内被害に関する研究
- 実測に基づく傾斜地盤に建つ免震建物の耐震性能評価
- 制振装置を付加した木造軸組架構の耐震性向上に関する研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/nagano-lab/



nagano01
永野 正行 Masayuki Nagano
教授 Professor

e-mail: nagano-m(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

地震工学、構造力学、地盤震動、地盤・建物の動的相互作用、超高層建物
Earthquake Engineering, Structural Mechanics, Earthquake Ground Motion, Soil-Structure Interaction, Super High-Rise Buildings

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 永野正行・他: 強震下の超高層集合住宅の挙動解明と今後の被害低減に向けた取り組み Nagano, M. et al. Elucidation of Dynamic Behavior of Super High-Rise Residential Buildings during Massive Earthquake and Activities for Mitigation of Seismic Damages in Future. (In Japanese, abstract in English) 日本地震工学会論文集(特集号),第16巻第5号,pp.2-11,2016

2) 永野正行,肥田剛典,井口道雄: 学びやすい建築構造力学-力の釣合いから振動まで- コロナ社,2014


xin
王 欣 Xin Wang
助教 Assistant Professor

e-mail: wangxin(at mark)rs.tus.ac.jp

分野のキーワード

建築構造、地震工学、構造物のシステム同定、建物の被害評価、常時微動観測
Building Structures, Earthquake Engineering, Structural System Identification, Building Damage Assessment, Microtremor Observation

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1)王欣・正木和明・入倉孝次郎・源栄正人・久田嘉章:常時微動の鉛直アレイ観測に基づく超高層ビルにおける1次元波動伝播解析および層間せん断波速度の抽出
Wang, X. et al.: 1D Wave propagation analysis and shear-wave velocity extraction of super high-rise buildings based on vertical microtremor observation array. (Japanese, abstract in English) 日本建築学会構造系論文集, 第718号, pp. 1859-1868, 2015.12.

2)Wang, X., et al.: Building damage concentrated in Longtoushan town during the 2014 Ms6.5 Ludian earthquake, Yunnan, China: examination of cause and implications based on ground motion and vulnerability analyses, Journal of seismology, 21:1185–1200, 2017.1.

3)Shrestha A., Dang, J. and Wang, X.: Development of a smart-device-based vibration-measurement system: Effectiveness examination and application cases to existing structure, Structural Control and Health Monitoring, 25(3): e2120, 2017.11.

西田研究室 Nishida Lab.

建築計画・建築設計 Architectural Planning & Design
研究室紹介
2019年度の研究テーマ

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/nishida-lab/



西田 司 Osamu Nishida

e-mail:

分野のキーワード

TOPICS


宮津研究室 Miyazu Lab.

建築構造・材料 Building Construction and Materials
研究室紹介

地球上で発生している地震の多くが集中する日本において、建築物を地震に対して安全に設計・建設することは、我々が安心して日常生活を送るうえで極めて重要です。建築物の耐震安全性は、過去の数々の地震での被害を教訓に確実に向上してきています。一方で、時代ともに新たな材料や構造形式の建築物が登場し、また2011年の東北地方太平洋沖地震や2016年の熊本地震などの未曽有の災害も発生しているなど、立ち向かうべき課題はまだまだあります。宮津研究室では、主に木造建築物を対象として、①耐震性能の高度化を目的とした制振・免震・耐震技術の開発、②システム同定手法を利用した建築物の地震時振動挙動の解明、③最適化手法を用いた構造システムの合理化などに関する研究に取り組みます。

Designing and constructing buildings to be safe against earthquakes are very important in Japan. The seismic performance of buildings has been upgrading consistently based on the experience of past earthquakes; however, we still suffer sever damages on buildings in the recent earthquakes for example the 2016 Kumamoto earthquake and the 2011 Tohoku earthquake. Miyazu laboratory focuses on the research about the following topics mainly for wooden buildings: 1) development of high-efficient seismic system, 2) evaluation of vibration property of buildings using system identification methods, and 3) rationalization of structural system of buildings using optimization techniques.

2018年度研究テーマ

- リンク式制振構造システムの開発
- 木造住宅を対象とした面材耐力壁の損傷分散型設置工法の開発
- システム同定手法による建築物の振動特性評価
- 小規模建築物に適した免震構造に関する研究
- 木造建築物への制振ダンパの最適配置に関する研究


最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/miyazu-lab



mizayu
宮津 裕次 Yuji Miyazu
講師 Lecturer

e-mail: miyazu(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

木質構造、制振構造、免震構造、システム同定、構造最適化
Wooden structure, Passive energy dissipation system, Base isolation system, System identification, Structural optimization

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 宮津裕次・曽田五月也:部分空間法による2層木造軸組工法住宅の振動特性同定 Y. Miyazu, S. Soda: Identification of properties of two-story wooden houses using subspace model identification method. (in Japanese) 日本建築学会構造系論文集 第745号, pp.409-419, 2018.3

2) Y. Miyazu, M. Ohsaki, S. Tsuda: Topology optimization of supporting structure for seismic response reduction of an arch, SCIENCE CHINA Technological Sciences, Vol. 59, No. 6, pp. 852-861, 2016.3

3) 宮津裕次・曽田五月也:外付け式層間変形制御装置による中低層建築物の地震応答制御 Y. Miyazu, S. Soda: Seismic response control of mid- and low-rise buildings using external story deflection control devices. (in Japanese) 日本建築学会構造系論文集Vol. 710, pp. 561-570, 2015.4

山名研究室 Yamana Lab.

建築計画・建築設計 Architectural Planning & Design
研究室紹介

2014年4月にスタートした理工学部山名研究室には、理工学部山名研1期生となる卒研生8名と院生1名が集まり、旧山名研究室の院生も加わりゼミ活動を行いました。春の年度スタート時には、旧初見研究室の片付けから始まり、研究室ペンキ塗り、本棚、机づくりを行いました。電気配線工事のため、GWまでは照明はなく、夕方、日が落ちると全員終業という状況でした。山名研究室は近現代建築保存活用に関する調査を主に行っていますが、フィールドをアセアン諸国に拡げ14年度はカンボジア調査、インド調査などを行いました。6月26日~30日に理科大OBの建築家細矢仁さん協力による沖縄建築勉強会を兼ねた合宿を行い、瀬底島でBBQ、海水浴なども楽しみました。9月中旬からはソウルにてDOCOMOMO国際会議に併せて開催された国際WSに参加し、参加者全員が英語の討議にも果敢に挑戦しました。

The Faculty of Science and Technology edition of Yamana Lab started in 2014 and now has 8 undergraduate students and 1 Masters student. We were also joined for meetings by graduate students from the previous Yamana Lab. The year begun by cleaning and painting the lab and making shelves and tables. Due to wiring work, there was no lighting until Golden Week and so everyone finished work by the evening.

Yamana lab focusses largely on investigations into the preservation of contemporary architecture in South-east Asia, and in 2014 carried out fieldwork in Cambodia and India . The Lab enjoyed a study trip to Okinawa from June 26-30 in collaboration with architect and Rikadai alumni Jin Hosoya where we also had a barbeque at Sesokojima and went swimming. In the middle of September the DOCOMOMO International Symposium was held in Seoul where we took part in an international workshop held entirely in English.

2017年度の研究テーマ

- 仏領期ベトナム北部における屋根付き市場の類型化とその分布
- 仏領期ベトナム北部における小学校の標準化に関する研究
- 前川國男建築設計事務所における「テクニカル・アプローチ」の活動に関する研究
- 緩衝地帯の計画都市ビエンチャンの形成に関する研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/yamana-lab/



yamana01
山名 善之 Yoshiyuki Yamana
教授 Professor

e-mail: yamana(at mark)rs.kagu.tus.ac.jp

Hasegawa
長谷川 香
Kaori Hasegawa
助教
Assistant Professor

e-mail: (at mark)rs.tus.ac.jp

分野のキーワード

建築史、都市史、都市と儀礼、近代天皇制と都市
Architectural History, Urban History, City and Ceremony, Modern Emperor System and City

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1)長谷川香:明治神宮外苑の成立過程に関する研究―軍事儀礼・日本大博覧会・明治天皇大喪儀―,Hasegawa, K.:A Study on the Generation Process of Meiji Jingu Gaien : The Military Reviews, the Nippon Dai Hakurankai Project, the Funeral of Emperor Meiji,建築史学,54-86,2013

2)長谷川香:近代東京における大喪儀の儀礼空間に関する研究―東京市西部の練兵場と御料地の利用について―,Hasegawa, K.:A STUDY ON THE CEREMONIAL SPACES FOR IMPERIAL FUNERALS IN MODERN TOKYO:Use of parade grounds and imperial estates in the western part of Tokyo,日本建築学会計画系論文集82(738),2081-2087,2017

3)長谷川香:近代東京における国家と天皇に関わる儀礼空間の研究,Hasegawa, K.:A Study on National and Imperial Ceremony Space in Modern Tokyo,博士論文,東京大学,2018

吉澤研究室 Yoshizawa Lab.

建築光環境・照明環境 Architectural Daylighting and Lighting Environments
研究室紹介

本研究室では、建築環境分野の中でも特に光に特化した研究をしています。光は建築空間の視覚的効果を考える上で欠かせない要素であり、また省エネルギー性といった観点から光の有効利用を検討することも重視されるようになってきています。さらに最近ではLEDや有機ELなど新しい照明器具の登場により、これまでになかった照明効果を生み出すような照明手法も可能となってきています。そうした中で本研究室では、さまざまなアプローチから光・照明に関する研究に取り組むとともに、国内外の光の建築の実地調査、研究室ゼミ合宿、他大学との交流など季節ごとのさまざまなイベントを通して、楽しく活発に研究活動を進めています。

Yoshizawa Lab carries out research in architectural environments, specialising in light. Light is a fundamental element of the visual effect of architectural space and from the point of view of energy efficiency consideration of the effective utilisation of light has become more important. Also, recently with the arrival of new lighting technology such as LED and Organic EL, until now unseen lighting methods have emerged. Yoshizawa Lab carries out research on light and lighting from a number of approaches and enjoys lab life with seasonal events such as the study of buildings in Japan and abroad, lab camps and exchanges with other universities.

2017年度の研究テーマ

- 新光源を活用した次世代の美術館照明手法の提案
- BIMを用いた熱と光の総合シミュレーション技術の開発
- 小布施国道照明の提案と屋外照明環境下の視認性評価手法の開発
- 現象としての光:陰影の効果
- 照明とストレスの関係:生理的指標の活用
- 窓の価値の再考:眺望性・プライバシー性


最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/yoshizawa-lab/



yoshizawa01
吉澤 望 Nozomu Yoshizawa
教授 Professor

e-mail: yosizawa(at mark)rs.noda.tus.ac.jp

分野のキーワード

建築光環境、美術館照明、省エネルギー照明、照明シミュレーション、現象としての光、オフィス照明、照明の生体影響
Architectural Lighting Environment, Museum Lighting, Energy-Efficient Lighting, Lighting Simulation, Light Phenomena, Office Lighting, Physiological Effect of Light

TOPICS

代表著書,論文 Selected Publications

1) 光の建築を読み解く. 日本建築学会編,彰国社,2015.9

2) 吉澤望 他: 現象学的見地からの光の分類: フェノメナルな光の工学的条件に関する研究(その1) Yoshizawa, N. et al.: The Classification of Light by the Phenomenological Method: A Study on the Factors to Produce Phenomenal Light (Part 1). (In Japanese, abstract in English) 日本建築学会計画系論文集, 584号, pp35-. 2004.10

現在の研究・プロジェクト Current Research/Projects

- 新光源を活用した次世代の美術館照明手法の提案
- オフィスの照明環境評価手法及び昼光利用制御手法の開発
- 照明シミュレーションを用いた照明設計ツールの開発

- A proposal for next-generation Museum lighting techniques using new illuminants
- Development of methods to evaluate office lighting environments and control of daylighting
- Development of lighting design tools based on lighting simulation

北村研究室 Kitamura Lab. ( -2017)

建築構造・材料 Building Construction and Materials
研究室紹介

北村研究室では,動的外乱に対する構造設計に役立つ研究を主体としています。研究対象は、低層建物から超高層建物までとさまざまで、より安全な免震・制振構造の発展をめざし、日々、研究活動に勤しんでいます。研究室には約30名の学生が在籍し、研究テーマごとにグループとなり、先輩から後輩へと過去の蓄積が伝えられています。外部との研究会も多く、連携大学院である電力中央研究所の金澤客員教授をはじめとする研究者や、第一線で活躍する実務者との交流も盛んです。そのためか、修了生の多くは設計者の道を選択しており、構造設計者が育つ環境が、この研究室のどこかにあるようです。

Kitamura Lab focusses on the study of dynamic forces as they relate to structural design. We aim to develop research on safe base-isolated, earthquake resistant structures, ranging from low-rise to super-high-rise buildings.

There are currently approximately 30 students in the lab working on research themes in groups with seniors passing down accumulated knowledge to the younger students. There are many external workshops and exchanges with collaborating graduate schools and practitioners active at the forefront including a Visiting Professor at Central Research Institute of Electric Power Industry. Perhaps for this reason, this lab is known as an environment that raises structural designers and many graduates choose a career in design as a result.

2017年度の研究テーマ

- 免震・制振構造に関する研究
- 長周期地震動対策に関する研究
- 構造ヘルスモニタリングに関する研究
- エネルギーの釣合いに基づく応答評価法に関する研究


→研究室HP

最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/kitamura-lab/



kitamura01
北村 春幸 Haruyuki Kitamura
教授 Professor

e-mail: kita-h(at mark)rs.noda.tus.ac.jp


安原研究室 Yasuhara Lab. ( -2017)

建築計画・建築設計 Architectural Planning & Design
研究室紹介

縮小社会の到来を背景として、日本における建築設計のフィールドは一見すると狭まりつつあります。しかしそうした時代だからこそ、設計のスキルを粛々と磨き上げ、それが真に求められているフィールドに分け入って有効に発揮することが、求められているのだと思います。本研究室では実社会との接点をもった活動を通して、都市空間や地域社会における建築設計の役割について思考を続けています。年間を通じて行うゼミは、単に個々人の論文や設計をまとめることを目的とするものではなく、設計をめぐる今日的なテーマをメンバーで共有し、議論するための場です。自由闊達な議論の中から、新しい建築空間のイメージや設計手法を開発していくことを目指しています。

With the arrival of the Shrinking Society the field of architectural design in Japan looks to be narrowing. However, and in fact because of this, design skills are quietly being refined and this is something that truly needs to be added to the field. Yasuhara Lab, through contact with real world situations, through contact with the real world, is focused on the role of architectural design in urban spaces and regional cultures. Our year-round seminars are not simply for individual thesis and design work, but a place for collaboration and discussion of contemporary design themes. From free and open discussion we aim to develop new kinds of architectural spaces and design methods.

2017年度の研究テーマ

- 設計者の言説にみる木造建築のイメージに関する研究
- メキシコ近現代建築に見られる内包された外部空間の研究
- 近現代建築における天井デザインの系譜


最新活動 Latest News: http://www.ar.noda.tus.ac.jp/tag/yasuhara-lab/



yasuhara01
安原 幹 Motoki Yasuhara
准教授 Associate Professor

e-mail: yasuhara(at mark)salhaus.com
Personal Home Page: http://salhaus.com/

分野のキーワード

建築設計、建築意匠
Architectural Planning、Architectural Design

TOPICS

現在の研究・プロジェクト Current Research/Projects

- 建築デザインにおける「構造」や「環境」の表現に関する研究
- 現代木造建築の架構と空間の関係に関する研究
- 南米やアジアの近現代建築に見られるパブリックスペースの調査・研究

- Research on the expression of ‘structure’ and ‘environment’ in architectural design.
- Research on the relationship between space and structure in contemporary timber architecture.
- Research and investigation of public space seen in contemporary architecture of Asia and South America.

代表作品 Selected Works
yasuhara02

群馬県農業技術センター (Gunma Agricultural Technology Center)

yasuhara03

西麻布の集合住宅 (Apartment in Nishiazabu)

yasuhara04

扇屋旅館 (Ogiya Ryokan)

2016 陸前高田市立高田東中学校 (Takata-Higashi Junior High School, 2015 tetto, 2013 西麻布の集合住宅 (Nishiazabu Apartment), 2012 群馬県農業技術センター (Gunma Agricultural Technology Center), 2012 扇屋旅館 (Ogiya Ryokan), 2010カドマルビル (Rounded Corner Building), 2010 クロスストリート (Cross Street), 2009 リクライニングハウス (Reclining House)


yasuhara05
有井 淳生 Atsuo Arii
助教 Assistant Professor

e-mail: arii(at mark)ariiirie.com
Personal Home Page: http://www.ariiirie.com

分野のキーワード

意匠、都市、コンテクスチュアリズム、リージョナリズム
Design, Urbanism, Contextualism, Regionalism

代表作品 Selected Works
yasuhara06

庭と屋根の家
House with Gardens and Roofs
新と旧、内部と外部についての新たな関係性を目指した、既存の家と庭を取り込んだ住宅
A house which seeks new relationships between old and new, indoor and outdoor.